• 2018.01.11 Thu

美味しいね!



3学期が始まり、みんなの楽しい会話が聞こえてきますよ♪



そんな楽しい給食の時間...




「とっても美味しいです!!」と言う男の子が!!



お友だちとの会話かな?と思って見てみると...



なんと、給食を作ってくださっているP-kitchenの方に言っていたのです!!



その後「いつも作ってくれてありがとうございます♪」

と満面の笑顔で言う姿に

P-kitchenの方は「頑張って作って良かったわ~」と

喜んでいました☆



この子どもたちの姿を見て、

何かをしてもらったら「ありがとう」という「当たり前なこと」に自分から気付き、

心を込めて感謝の気持ちを伝えることは

相手を幸せにする魔法の言葉だなぁと感じました。



これからも子どもたちに「ありがとう」と心を込めて

相手に伝えていくことは大切なことだと伝えていきたいと思います。



大人もついつい忘れてしまうことはありませんか?

Pearlでは「ありがとう」が毎日飛び交っています。

ご家庭でも「ありがとう」をたくさん口にしてみてくださいね。

きっと、温かい気持ちになります♪

パール幼稚園

Head Lines

2017.12.26
【BABY PEARL】第10回お知らせ
2017.11.28
【12月・1月】幼稚園見学の日程
2017.11.13
【BABY PEARL】第7回お知らせ
2017.11.06
【0-1CLUB】11月のご案内
2017.10.24
【BABY PEARL】第6回お知らせ
2017.10.20
11月の幼稚園見学の日程をアップ致しました!
2017.10.04
【BABY PEARL】第5回お知らせ
2017.09.11
10月の幼稚園見学の日程をアップ致しました!
2017.09.07
【0-1CLUB】9月のご案内をアップ致しました!
2017.09.05
【BABY PEARL】第4回お知らせ
2017.09.02
【未就園児】本日の未就園児イベント『水あそび』について
2017.09.01
9月の幼稚園見学の日程をアップ致しました!
2017.07.05
【0-1CLUB】7月のご案内をアップ致しました!
2017.06.21
【BABY PEARL】第3回お知らせ
2017.06.09
7月の幼稚園見学の日程をアップ致しました!
2017.05.31
【0-1CLUB】6月のご案内をアップ致しました!
2017.05.19
6月の幼稚園見学の日程をアップ致しました!
2017.05.12
【0-1CLUB】5月のご案内をアップしました!
2017.05.08
5月の幼稚園見学の日程をアップ致しました!

ファンが生まれる幼稚園

2018/01/15
パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】魅力
幼稚園の先生の魅力とは?これからの時代において、どのように説明していくか課題となるでしょう。賃金の面に関しては、保育士との差が新卒で平均200万円。これは到底、敵わないものとなってしまいました。保育士等の処遇改善補助制度とキャリアップ補助・・・保育士の資質を向上させる制度とは思えないものであり、学校法人立私立幼稚園を廃園の危機に追い込む、そんな制度にもなりうるような気がしてなりませんが・・・近頃、思うのですが・・・幼稚園の先生の魅力を説明するよりも、パール幼稚園の先生を魅了するものを説明することが大切であり、このことこそが最大の魅力であると感じています。やりがいや生きがい、報酬を含め人生を豊かにできる場所であり、職場です。ロールモデルとなる人財も豊富で、多様な働き方と多様な働く内容が存在する学園。「働き方改革」は「生き方改革」である・・・そのように宣言する企業も現れています。PEARLという場所においての「働き方改革」は「頑張り方改革」。人生を豊かにするために、学園のある豊かな暮らしの創造です。豊かさを求めて努力することは、人の本来の姿ではないかと思うのです。そのためにはマイナスばかりい目が行っているようでは、豊かさには気がつくことはできないでしょう。「先生!大〜好き!!」そんなシーンこそ、豊かな時間だと思うのです。まさに・・・生き方そのものですね。
2018/01/11
パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】その先・・・
例年、1月2日には・・・1日たっぷりと時間を使い未来構想を練ります。そんな遠い未来のことではありません。半年後、1年後、2年先ぐらいまでのことが多いです。学園運営、幼稚園本課、地域振興事業、保育所、学童のこと。細かく細分化しながら考えます。まるで因数分解の難題に取り組んでいるようです。もちろん、ひとりひとりの先生方のことも。長所、短所、性格、やる気などを見据えての人財構想もしています。しかし・・・様々な取り組みを見ていくと、時代の流れとともに陳腐化してしまうものが多いです。新しいことを取り入れるよりも、現行のものを廃止する方が大変な場合が多いですが、陳腐化しないように磨き続けることも難題です。陳腐化しないものを磨き続けるしかない。陳腐化しないものとは?それは、成長をあきらめない園の姿ではないか思うのです。

Category