• 2017.03.24 Fri

【BaBy Pearl Nursery】園内紹介 第二弾☆

 

少しずつ春を感じられる今日この頃。

桜の開花も少しずつ始まり、皆様の門出をお祝いしているようですね。

また、まだ寒い日もありますので、寒暖差によって体調を崩さないようにしてくださいね!

 

さて!

今回はBaBy Pearl Nursery園内紹介!第二弾☆

 

今回ご紹介するのは・・・

こちら!

 

 

前回ご紹介したドアを抜けて奥に進むと、

柱のたくさんある、見渡しの良いお部屋が広がっています!

先日行われたオリエンテーションでも、

柱を上手にすり抜けて遊ぶお子様の姿が(*^_^*)

 

 

横の窓からは西日が差しこむので、夕方も陽の光を感じる事が出来るんですよ(*^_^*)

写真にも、夕方に浮かび上がってくる柱の影が・・・

 

お子様が遊んでいる姿を想像すると、ワクワクしてきます!

 

さて、次はどこの紹介になるか・・・

楽しみにしていてくださいね!

パール幼稚園

Head Lines

2017.11.13
【BABY PEARL】第7回お知らせ
2017.11.06
【0-1CLUB】11月のご案内
2017.10.24
【BABY PEARL】第6回お知らせ
2017.10.20
11月の幼稚園見学の日程をアップ致しました!
2017.10.04
【BABY PEARL】第5回お知らせ
2017.09.11
10月の幼稚園見学の日程をアップ致しました!
2017.09.07
【0-1CLUB】9月のご案内をアップ致しました!
2017.09.05
【BABY PEARL】第4回お知らせ
2017.09.02
【未就園児】本日の未就園児イベント『水あそび』について
2017.09.01
9月の幼稚園見学の日程をアップ致しました!
2017.07.05
【0-1CLUB】7月のご案内をアップ致しました!
2017.06.21
【BABY PEARL】第3回お知らせ
2017.06.09
7月の幼稚園見学の日程をアップ致しました!
2017.05.31
【0-1CLUB】6月のご案内をアップ致しました!
2017.05.19
6月の幼稚園見学の日程をアップ致しました!
2017.05.12
【0-1CLUB】5月のご案内をアップしました!
2017.05.08
5月の幼稚園見学の日程をアップ致しました!

ファンが生まれる幼稚園

2017/11/16
パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】気づきの発動
ここでも『育ちの装置』の効果が見られています。『音舞台2017'』という行事に向かっていますが・・・全てのベースとなるのが、やはり・・・朝の会。この朝の会が濃密になっているのです。この朝の会を見ていると・・・コトをなすには、とにもかくにも目的が必要であり、どのような目的でも、目的なしには人は力を発揮できないことがよくわかります。そして年長児の姿には、一人の行動から連鎖が生まれることが見受けられるのです。よいと思うことはだれかが一刻も早くはじめること。10人、気づけば、35人のクラスが気づきます。1クラス気づけば・・・3クラス、10クラスとなることでしょう。12月1日(金)Gクリップさん主催のセミナーで講演させていただきます。高額セミナーですが、多くの方にお申し込みいただいているようです。ですが、高額なため、若干、余裕があるようです。12月2日(土)パステルITさん主催のセミナーで講演させていただきます。Googleの方とEリソースセンターの石田氏の話がメイン、しかも無料セミナーなので、参加者150名、会場予定数を上回るお申し込みをいただいているようです。いづれにしろ・・・まだ、何も手をつけていません。最近、思考が進みませんっ。来週末あたりパニックになることが目に見えていますね。
2017/11/15
パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】親身になる
園庭にある銀葉アカシア・・・強風で幾度となく痛んで来ているので、年長児たちが、タネをオーガベンチャーで苗に育ててます。一つの楽しみが増えました。育てる。育む。親身にならなけらばできないこと。家族的結合。家族にはなれないけれど、家族のような関係でありたい。遠くの親戚より、園の仲間。これらのことは、採用時、一番初めに先生方にお話をさせていただいていることです。このことを理解してもらえるまでには、それなりの時間がかかります。ご縁を理解し、感謝が恩義の芽生えとならなければなりません。「一生懸命やってます」と・・・そんな主張をする段階では理解できないことでしょう。思いやりから一歩すすんで、親身ということ考えてみなければならないですから、理解されないと、とても寂しい気持ちになります。採用はご縁だと思っていますし、家族的な関係でいたいと願っていますので、たとえ、体調不良などを訴え、長期の欠勤をしていても、本人の生活もあることです。普通でしたら、バカなことと思われるでしょうが、毎月、毎月、満額の賃金は支払っています。でも・・・それで、何ヶ月も欠勤したのち、突然、メールが来るのです。退職します・・・って。でもね、家族と思っていますから・・・こちらとしては、心が折れそうにもなります。とても心が痛いです。これまで何を学んでいたのだろうとも思います。憤りのない気持ちにもなりますが、全ては、私の指導不足であり、自分の力量だと言い聞かせています。よく・・・職場環境が悪いとか、先輩がキツイなどと思われるようですが、これだけの幼稚園業務を展開するわけですし、とても先生方の意識が高く、向上心に溢れている方ばかりです。その結果が・・・子どもたちに反映されるのです。ついてこれない。力量がない。やるべきことが理解できない。自分の無能さを認めたくない。勿論、どこの職場でもあるように嫉妬もあるでしょう。それらが原因なのでしょう。「親身になる」は文字どおり「親の(ような)気持ちになる」という意味です。なかなかできることではありませんが、私にもできることですから、誰でもできると言ってもいいようです。ですからね。みなさん・・・親身になって考えた方がいいですよ。自分の周りの人のこと。これが・・・すべてにおいて相手が存在するということです。

Category