• 2017.06.09 Fri

日々研究☆

6月に入り、パール幼稚園ではこんな先生たちの姿を目にします

ビデオに夢中・・・

これは自分が朝の会をどんな風に進めているのか、確認をしているのです!

自分の子どもたちに対する言葉遣いは?立ち居振る舞いは?表情は?

どうなの???

自分で自分を見ることができないのであれば

自分を撮って確認すればいい

園長先生の一言でビデオを撮り始めました

今では必要なビデオ撮影

新人の先生も3年目の先生も5年目の先生も放課後ビデオを見て自分を確認して

もっと良くするためには・・・を考えています

先輩の先生に見てもらってアドバイスをもらったり

充実した教育活動を行うために

先生になっても日々研究です!!

パール幼稚園では人として先生として成長できる環境が整っています

そんなパール幼稚園にぜひ来てみてはいかがですか

体験も見学もできますよ☆

ご連絡お待ちしています♪



名前
 名
ふりがな
 名
生年月日
 年  月  日
性別
     
郵便番号
 - 
都道府県
住所(市区町村以下)
住所(建物など)
電話番号
 -  - 
メールアドレス
学校名
学科
学年
 年
備考
 
入力内容の確認 
名前
 
 
 
ふりがな
 
 
 
生年月日
 
 年 
 
 月 
 
 日
性別
 
郵便番号
 
 - 
 
都道府県
 
住所(市区町村以下)
 
住所(建物など)
 
電話番号
 
 - 
 
 - 
 
メールアドレス
 
学校名
 
学科
 
学年
 
 年
備考
 
 
 入力し直す

パール幼稚園

Head Lines

2017.10.20
11月の幼稚園見学の日程をアップ致しました!
2017.10.04
【BABY PEARL】第5回お知らせ
2017.09.11
10月の幼稚園見学の日程をアップ致しました!
2017.09.07
【0-1CLUB】9月のご案内をアップ致しました!
2017.09.05
【BABY PEARL】第4回お知らせ
2017.09.02
【未就園児】本日の未就園児イベント『水あそび』について
2017.09.01
9月の幼稚園見学の日程をアップ致しました!
2017.07.05
【0-1CLUB】7月のご案内をアップ致しました!
2017.06.21
【BABY PEARL】第3回お知らせ
2017.06.09
7月の幼稚園見学の日程をアップ致しました!
2017.05.31
【0-1CLUB】6月のご案内をアップ致しました!
2017.05.19
6月の幼稚園見学の日程をアップ致しました!
2017.05.12
【0-1CLUB】5月のご案内をアップしました!
2017.05.08
5月の幼稚園見学の日程をアップ致しました!

ファンが生まれる幼稚園

2017/10/20
パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】あたたかみ
でかっ!とか・・・なぁーにコレ?とか・・・スゴっ・・・とか。大きなカボチャを目にした園児達が、各々の心を口にします。毎年、保護者の方にいただけるのですが、とても、ありがたいことです。このオレンジ色が妙に玄関にマッチする季節となりましたね。秋の訪れと、冬を待つことが交差する時期です。ところで、園児の心の声を聞いた時、「なんだと思う?」「何に使う?」とか、「食べる??」などと問いかけます。疑問を抱いた時・・・教えてもらう前に自分で考えるクセをつけることが必要です。人から教わることも大切ですが、しかし、聞く側にも、それなりの姿勢は大切です。特に社会に出てからは、このことが非常に大切なこととなるのです。自分が成長したいのか?楽をしたいのか?どのような姿勢で教わるのか?このことがとても大事なこととなる気がします。
2017/10/19
パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】お客さまの視点
本日は、お客様。株)クロスライフパートナーズさん主催の園見学会。多くの園長先生、副園長先生、主任先生方にご来園いただきました。午前中、参観中の保護者の方々に混じっての園見学。園の教育活動のみならず、園の保護者の雰囲気までもご覧いただけたようです。園の保護者から感じるもの・・・これは園関係者であれば、鋭く感じるところです。そして・・・BaBy Pearl Nurseryへと・・・・・昼食を挟み、私もお話させていただきましたが、本日のメイン。マネージャーである石○○子先生と宮○○衣先生の講演。テーマは『わたくし達の美意識』と題して、パール幼稚園を語ってくれました。今のパール幼稚園も動かす主軸の2人です。マネージャーとしての視点は、ありがたいものです。これからの私立幼稚園運営は、ロードマップとロードモデルは必要不可欠となるでしょう。夏に・・・パール幼稚園のトップマネージャーとして、全国的に脚光を浴びた竹○○恵先生に続き、現場の主軸として脚光を浴びることでしょう。『Pearlの美学で生きること」ここに尽きるでしょう。それにしても、お客様の視点は勉強になるものです。足もとの悪い中、遠路、ご来園をありがとうございました。

Category